ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当の手続きについて

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月23日更新

児童手当・特例給付

 【児童手当とは】 [PDFファイル/182KB]

 出生や転入等により新たに児童手当の受給資格が生じた場合、健康推進課 子育てワンストップセンター「みなっこ」にて「児童手当認定請求書」の提出が必要です(公務員の方は勤務先での申請となります。ただし、日本郵政グループ、独立行政法人など一部を除きます)。

 児童手当は認定請求をした日の属する月の翌月分から、支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。

 転入又は災害などやむを得ない理由により認定請求ができなかった場合、そのやむを得ない理由がやんだ後15日以内に認定請求すれば、転入等の日の属する月の翌月分から支給されます。

 認定請求に必要な添付書類等は次のとおりです。

申請期日南阿蘇村在住の方出生日から15日以内
南阿蘇村にこれから転入される方前市区町村の転出予定日の翌日から15日以内
※上記期限内に申請されれば、出生日又は転出予定日の翌月から手当の受給資格が得られます。ただし、15日以降に申請された場合は、申請日の翌月からの支給となりますのでご注意ください。
請求者中学校3年生までの子どもを養育している生計中心者です。
手続ができる窓口 請求者の住所地市町村役場になります。南阿蘇村が住所地の場合は下記の窓口で手続きできます。
・役場健康推進課 子育てワンストップセンター「みなっこ」 (Tel 0967-67-2715)
※請求者が単身赴任などで子どもと別居している場合の手続きは、請求者の住所地で行ってください。
手続きに必要なもの

認定請求書 [PDFファイル/47KB]

・請求者の健康保険証の写し

・印鑑 (認印可)

・預金通帳 又は キャッシュカード(口座番号等がわかるもの)
※預金通帳の金融機関名、支店名、口座名義人、口座番号が記載されているページのコピーでも結構です。)

※2人目以降の子どもの出生などによる増額申請の際は印鑑のみ
※このほか追加で添付書類が必要な場合もありますので、詳しくは下記問い合わせ先までご連絡ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)